居抜き売却のメリット

居抜き店舗物件(飲食店・エステ・サロン)を高額買取り・売却サービス内容

居抜き物件とは?

飲食店、美容室などの店舗の設備、什器・備品などを設置したままの状態で売買・賃貸することを居抜き物件と言います。

居抜きのメリットは自分がやりたい業種の居抜きであればテナントを借りた時から設備、什器・備品などが揃っているため速やかに事業が開始でき、出店の費用も安く収めることができる。

その解約、ちょっと待って!

普通に閉店する場合と居抜きで売却した場合では
金銭的に大きな違いがあります!
貸主様、管理している不動産会社へ解約の通知をする前に弊社にご相談ください。

一般的に、解約する場合、お店の内装・造作・厨房機器など全て撤去してスケルトンで返却しなければなりませんが、
新たな出店者を探すことで、お店を売却できるかもしれません。

【 参考事例 】 閉店時コストの比較

15坪居酒屋、保証金200万円、解約時償却40万円、家賃20万円の場合

通常閉店・移転により賃貸借契約を解約する場合は造作したものを解体し原状回復工事を行わなければならず、余計な出費が発生します。

しかし、居抜き店舗として解約前に後継のテナント様を見つけることにより、現状の造作等を譲渡(売却)することができ、原状回復工事費用などの出費を抑えることが可能となります。

また、本来、賃貸借契約を解約する場合は、3〜6ヶ月前の解約予告が必要であり、すぐに移転・閉店したい場合はその間、無駄な賃料が発生しますが、居抜きにて売却すれば、後継テナントがすぐに契約を締結するので、オーナー様は賃料が途切れないため、すぐの解約を了承してくれるケースがほとんどです。

あなたのお店は売れるんです!

あなたのお店は売却できます!

お店と言っても建物の所有権ではなく、お店の造作や備品などです。一般的に閉店(賃貸借契約を解約)する場合、契約で「原状回復」とされており、現況がどんな状態であっても、それを壊して返還しなければなりません。壊して借りる前の状態に戻す工事(原状回復工事)は結構な金額がかかり、預けている保証金がなくなるケースもあります。

工事つまり、閉店する現テナントが現在の店舗内装・造作を解体する費用を負担し、新たに出店するかたが、また費用をかけて店舗内装・造作を施すことになります。
そこで、貸主様に新たなテナントを探すことを条件に店舗資産(内装・造作・厨房設備など)を売却することを承諾していただくことで、原状回復(スケルトン工事)を免れるだけでなく、あなたのお店を売却することができます。

  • 原状回復工事

    一般的な賃貸者契約では、店舗をスケルトンに戻し返還することになっております。スケルトンとは、内装を全て撤去し、コンクリート打ちっぱなしの状態のことを言いますが、このスケルトン工事は高額で、飲食店の場合、1坪当り8~10万円かかります。

  • 解約予告期間賃料

    閉店し解約する場合、貸主へ解約する3〜6ヶ月前までに解約する旨を申し出る必要があります。この申し出をしてから解約までの期間を一般的に解約予告期間と言いますが、解約予告期間はお店を閉店し退去したとしても賃料を支払わなければなりません。

  • 償却費

    貸主へ預けいれている保証金から差し引かれます。賃貸借契約の内容によりますが、保証金の●●%や賃貸の●ヶ月分が償却されます。

このように閉店し解約する場合、原状回復工事や解約予告期間賃料など、15坪、賃料25万円の物件で250万円ほどの負担が発生します。閉店される場合、様々なご事情があるなか、金銭負担があると、不安が多く次のステップを冷静に考えられないことが少なくありません。

また、貸主様の承諾を得て売却の募集をしたけれども、買取希望者が現れず、前記金銭的な負担を負わなければならないこともあります。

弊社では、貸主様に対する店舗資産(造作)譲渡の承諾交渉から買取り希望者の募集、譲渡契約、引渡しまでを全て代行し、金銭負担を抑えるだけでなく、これまで培ってきたノウハウを生かし、高額売却に至るよう最善を尽くします。